くろーんず-マンガで分かるクローン病-第1回「クローン病ってなんだ?」



- 1 -


- 2 -


- 3 -


- 4 -


- 5 -


- 6 -


- 7 -


- 8 -


【あとがきコラム第1回】


ついに始まりました『くろーんず-マンガで分かるクローン病-』第1回、いかがでしたでしょうか。

3月の終わりにこのコンテンツを思いつき、意気揚々と「コミPo!」を購入し、ああでもないこうでもないと苦戦しながら初めて作成した作品がこれです。

「コミPo!」は発売当初から存じておりましたが、無料体験版ですら何を書けばいいのかわからず投げ出してしまったため、長らく「漫画を書く」という行為には至りませんでした。
しかし、「コミPo!」が解説マンガ、学習マンガに向いているのではないかとふと思いつき、せっかくなのでクローン病の解説マンガでも作っちゃろうという気持ちになりました。小説のほうはスランプでさっぱりなので、ちょうどいい息抜きコンテンツが生まれました。

さて、「クローン病」と聞いてどんな病気かつかんでいただけるようになったでしょうか。
え? まだダメですか?

まあ、まだ概要を説明しただけですからね。
次回はもう1つの炎症性腸疾患(IBD)である潰瘍性大腸炎に関して触れる予定ですが、同じIBDと言ってもかなり違うので、どうかいたらいいものかわかりかねています。
次々回は食事の話をします。栄養療法で食べられるもの、食べられないもの、飲めるもの、飲めないものに関しては、おそらく普通の人なら知らないと思いますので、興味を持っていただければ幸いです。

がんを患われている方も食事制限があるかと思いますが、IBDの場合は腸の中に病変が発生していますので、また違うかと思います。
そして、潰瘍性大腸炎とクローン病でも栄養療法の方針は異なってきます。例えば、潰瘍性大腸炎は患者の方によって(あるいは病状によって)カツカレーを食べても問題ない方がいらっしゃるでしょうが、クローン病は病状関係なく誰でもNGですね。

マンガの中で食事について詳しく話せば、ページ数やセリフがコナン君並みに膨大になりそうな予感がしますが、なんとかうまくまとめられるようにがんばります。
コマ割りや構図もまだうまくいかないので、その辺りもステップアップしていければなあと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

Thank you for reading.
2013.04.29

第2回→

戻る





Contact


◆TOP◆ | ◆UP◆